佐藤 誠 の あくまでも独り言

スイーツや、お出かけ、古墳に神社、グルメ、プログラミング、興味があることが多すぎてどうしましょう!?とりあえず思いついて事を書いて行きます。

棚卸で手を抜くと給料が減る?

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

会社や工場で働いていると月末や期末の棚卸を行います。

 

「ただでさえ通常業務で手がいっぱいなのに、棚卸なんて適当に済ませておこう」なんて思っていませんか?

 

ところが、手を抜いて全商品の棚卸を行わず、目立つ在庫だけを報告したりしていると、結果的に 自分たちの給料が減る 事になりかねません。

 

f:id:Luciper:20190601222134p:plain

 

棚卸の意味を知ろう!

 

なぜ?月末や期末に棚卸を行うのでしょう?

在庫をたくさん持ち過ぎていないか確認する為でしょうか?

それとも、来月の発注数量や生産数量を決める為に必要なのでしょうか?

 

もちろんどちらの理由も正解ですが、1番の目的は今月販売した商品の原価を知る為に棚卸を行うのです。

 

原価が判れば、売上から差し引くことにより会社の利益を知る事ができます。

 

 

どうやって売上原価は計算されるのか?

 

みなさんが棚卸を行った金額が、どのように使われるのかを見ていきましょう。

経理の試算表上では下記の様な計算式になります。 

 

 前月末棚卸仕入売上原価月末棚卸  

   

 ・・・数式を出されてもピンとこないですよね?簡単に解説します。

 

前月末棚卸 は、読んで字のごとく先月の棚卸金額です。

そこに今月の 仕入 を足したものが 今月販売可能な 商品 となります。

 

その 商品 から 今月棚卸を行った 月末棚卸 を引いた金額が 今月販売した商品の原価、すなわち 売上原価 となります。

 

(こうする事により、今月売上た商品の原価や、原価率を知る事が出来ます)

 

 

数式で表すと・・・

 

 今月販売可能な 商品 = 前月末棚卸仕入

 

 売上原価商品 ー 月末棚卸 となります。

  

注目すべきは、月末棚卸 を少なく報告すると 売上原価 は増加し、利益を減らすことになります。

 

 

実際にあった中小企業の話

 

知り合いの中小企業の社長さん曰く、

「日々の仕事が忙しすぎて月末の棚卸がキッチリと出てこないんだ。そのせいで利益出てこない」

「ほんとは、これだけ忙しいんだからもっと利益が出ているはずなのに、安心してボーナス金額を査定できないよ」

と実際に安全を見てボーナス額決めておられました。

 

 

みなさんも、倉庫を隅々まで調べる手間を省こうと目立つ在庫だけ棚卸を行い、実際より在庫を少なく報告したりすると

会社の利益が現実より少なく計算され、会社の業績が悪く見えてしまいます。

 

その結果、あなたのボーナスが減らされるかもしれませんよ?!

 

 

自分達のボーナスのためにも、棚卸はもれなくキッチリと調べて報告しましょう!